So-net無料ブログ作成
検索選択

救命病棟24時 第5シリーズまでの内容を簡単に紹介! [救命病棟24時]

スポンサーリンク




7月からフジテレビで夏クルーで放映予定の救命病棟24時ですが、
第5シリーズとなると、いきなり最初から視聴して面白いのかしらと
思う人も少なくないですよね。

江口洋介さんが降板した第5シリーズまでの流れを簡単に
把握しておくと、するっとドラマには入れますよ。

第1シリーズは、99年1月放映でした。

外科医の進藤一生(江口洋介)と研修医の小島楓(松嶋菜々子)を
軸に、救命救急センターの医師の過酷な日常と人間模様を描いて
いました。
平均視聴率 20.3%でした。
小嶋楓が、研修医だったんですね。

第2シリーズは、01年7月放映

新設の救命救急センターで、進藤を中心にチームワークが出来るまでを
描かれました。
平均視聴率 20.3%
このシリーズには、小島楓は登場してないんですよね。

第3シリーズは、05年1月放映

楓が一流の救命医として再登場。
大規模な災害時の救命医療をテーマに、極限状態で働く
進藤や楓の活躍を中心に描かれました。
平均視聴率 19.2%
楓が進藤の片腕に成長しました。

第4シリーズは、09年8月放映

進藤と真逆なタイプの澤井(ユースケ・サンタマリア)が登場
そして対立を深めました。
進藤と楓、そして澤井の3者を中心に描かれました。
平均視聴率 19.2%
そして、小島楓はこのシリーズで医局長となりました。

しかし、これだけのシリーズになっているのに、
平均視聴率が約20%って、凄いですね!

これで、小島楓で当たれば、まだまだシリーズは続くでしょうね。
さて、新しい試みの第5シリーズの展開が、
楽しみであり、不安であります。
どうなるのか?



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
通話機能のモジュール化

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。