So-net無料ブログ作成
検索選択

児嶋一哉が救命病棟24時の救世主になる? [救命病棟24時]

スポンサーリンク




7月9日21:00~放送される大ヒットシリーズの「救命病棟24時」の
新シリーズですが、今回の主演は、江口洋介が降板して、松嶋菜々子さんに
変更となりましたが、この主役の松嶋さんをエースとするなら、
今回、初出演のアンジャッシュ小嶋一哉さんは、

正キャッチャーならぬ、ブルペンキャッチャーって
とこですかね。

キャッチャーというのは、主役のピッチャーが気持ちよく投げられるように、
または、いい方向に向かうようにリードしていきます。
今回の正キャッチャーにあたるのは、時任三郎さん。

松嶋菜々子さんが演じる小島楓の良きサポート役となるようです。
おそらく、小島楓が本編の中で迷ったり、困ったりしたときに、うまくリードしたり
サポートしたりするのでしょう。

では、ブルペンキャッチャーは?
これは、投手がマウンドに上がる前に調子を見たり、
気の済むまで受けて、投手の気持ちを上げていったりする役目です。

小嶋一哉さんは、麻酔科の安藤直利という役ですが、
小嶋楓にわがままを言って、よく切れられるようです。

ある意味本編の内容と関係の無いとこで、小島楓に睨まれたりして
その場の雰囲気をコミカルなものに変えたり、状況の説明役に使われる
コメディーリリーフ的な存在なのでしょうが、この救命病棟24時は、
現代医療を取り巻く問題を反映する医療ドラマ
ってことは、厳しい局面も多いでしょう。

視聴者からすれば、小嶋一哉さんが、小島楓に蹴飛ばされることで、
視聴者をホッとさせるかもしれません。

彼の存在が、救命病棟24時の状況を変える救世主的な存在に
なるかもしれません。



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
通話機能のモジュール化

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。