So-net無料ブログ作成

半沢直樹第6話の感想とまとめから悪役の魅力について [半沢直樹]

スポンサーリンク




半沢直樹がこれだけの好調の要因には、
悪役の魅力がありますね。
東京編でいけば、三下ながら、嫌らしさを感じさせる古里を演じる
手塚とおるさんの演技は、いやあ、本当にこいつ嫌なやつという
演技でした。

詳細な内容は下記のブログにて
http://xn--l8j0aawb9f9a4bzx718xuzvf9e7aqw0b.jp/?p=319

半沢直樹の同期で、以前に精神を病んだ近藤を、ネチネチと苛め倒します。

「そりゃあ、銀子を出されるわけだなあ」
「ばーか こんな計画でいいと思ってるのかよ」

まあ、それを下から根目あげるように、舌をチロチロさせながら、
いたぶる様は、あーむかつく!!!
こうやって、みんなの怒りのボルテージを上げておいて、
堺雅人さん演じる半沢直樹の鋭い視線と舌鋒の餌食になる。
そして、視聴者は、ざまあみろ!の喝采になります。
それにしても、斬られ役の手塚とおるさんの演技は見事でした。
こういう、知名度は一般的ではないんでしょうが、実力で演じる
役者さんを配することが、今回の半沢直樹の人気の秘訣なんでしょう。

知名度の高いとこでは、今回のラスボスの大和田常務役の
香川照之さんの演技も見事ですね。
これだけ憎らしく不気味な役は、香川さん以外にはいないかも
しれません。

今回の半沢直樹との対決に向けて、宿命的な要素が盛り込まれています。
父親の敵という、絶対悪としての存在!半沢直樹の倒すべく相手として、
設定が盛られてますね。
さあ、今後どのような展開になっていくのか!
楽しみです!



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
通話機能のモジュール化

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。