So-net無料ブログ作成
検索選択

救命病棟24時の視聴率不振の原因探しについて [救命病棟24時]

スポンサーリンク




今週最終回を迎えた救命病棟24時ですが、正直フジテレビドラマ
切り札的なコンテンツにしては、いまいちの視聴率14%で終わってしまいました。
通常のドラマであれば、決して低い数字ではないのですが、
NHKあまちゃんや、
TBS半沢直樹
20%だ!30%だ!と言ってる中で、エースともいえる救命病棟24時の
第5シリーズが20%にも届かず、
しかも初回放送回よりも視聴率を落としているところに、
救命ファンにとっても、いまいと思わせる内容で終わった事を
意味しています。

これは誰もが思うのが、前回までの主役であった進藤先生こと
江口洋介さんの不在が響いていることは、誰の目にも明らかに
なってしまいました。

結局、視聴率がうまく取れない結果になると理由探しが始まりますが、
どうも、松嶋菜々子さんの主役変更となったのは、苦渋の決断だったようです。

救命病棟24時の呼び物は、江口洋介、松嶋菜々子の揃い踏みであることは、
関係者は当然わかっていたようで、今回の撮影に向けて、二人のスケジュールは、
抑えていたようですが、スポンサーへの説明も終わって、さあこれから、
クランクインというタイミングで、江口サイドから、色々な設定変更の
依頼があったとか。

つまり、江口洋介の忙しさから、本人が詳細な説明を受けていなかったらしく
それで事務所が慌てて、調整に入ったようです。

結局、最初から最後までゴタゴタしていて、脚本もその都度書き換えられた
節があります。
最終回前に、どう収束させるのかと期待してましたが、

強引! ご都合主義!

という声が多数聞こえてくる残念な結果になっています。
せっかくの優良コンテンツなので、大切にしてもらいたいですね。

これが最終シリーズにするのは、ちと寝覚めが悪いですね。



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
通話機能のモジュール化

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。